2007年06月27日

ハトシェプスト女王とは??

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000123-mai-int
<ミイラ>古代エジプト初の女王だった 1903年に発見
6月27日21時25分配信 毎日新聞

ハトシェプスト女王(Hatshepsut)は、古代エジプト第18王朝5代目のファラオ。在位は、紀元前1479年頃 - 紀元前1458年頃。

父はトトメス1世、母はイアフメス。夫はトトメス2世、娘はネフゥルウラー。

夫であるトトメス2世は妾腹の息子トトメス3世を次の王にせよと遺言したが幼かったため、以後22年間にわたり共治王を務めた。その際には男装し、顎に付け髭をつけていたと伝えられる。 戦争を好まず、平和外交によってエジプトを繁栄させたが、そのことは同時にエジプトの国威の低下を招くことになる。 死後その事跡はトトメス3世によって抹殺された。 なお旧約聖書「出エジプト記」でモーセをナイル川で拾って育てた義母は彼女とも言われている。

posted by satou at 22:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 18:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 02:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。